トヨタ新型「プリウス」世界初公開

トヨタ新型「プリウス」世界初公開 ハイブリッドを今冬、PHEVを2023年春ごろ発売

プリウス独自の「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームでさらなる低重心化や“19インチ大径タイヤの採用”によってよりスタイリッシュなプロポーションに進化。
シンプルでありながら抑揚のあるボディ形状は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現したということ。
ボディカラーは全8色を設定、うち2色はスポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規開発!

プリウス(2.0L PHEV(マスタード)
プリウス(2.0L PHEV(マスタード)
プリウス(2.0L PHEV(マスタード)
プリウス(2.0L PHEV(マスタード)
プリウス2.0L HEV(アッシュ)
プリウス2.0L HEV(アッシュ)
プリウス2.0L HEV(アッシュ)
プリウス2.0L HEV(アッシュ)

『走りのワクワク感』と『上質さ』を両立させた内装デザイン

インテリアは「アイランドアーキテクチャー」コンセプトで、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコクピットを両立し、直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間とした。黒を基調にした室内全体に、インストルメントパネルとシートステッチの加飾をコーディネーションすることでスポーティでありながら新しい上質感を両立している。
インストルメントパネルにはトヨタ初採用の「イルミネーション通知システム」を設定。アンビエントライトとして室内を彩るだけでなく、トヨタセーフティセンスと連動する新機能をデザインに取り入れた。

また、対象物を検知した際、アラームが鳴る前にイルミネーションの点滅でドライバーへ注意喚起してドライブをサポートする。

低燃費に加え、ドライバーの思い通りに反応する気持ちいい走りを実現した、新世代ハイブリッドシステム

EV走行距離は従来型に比べ50%以上向上し、日常生活の大部分をEV走行だけでカバーできるよう、バッテリ性能を向上させた。
新型プリウスでは1種類のプラグインハイブリッドシステムと、2種類のハイブリッドシステムという3つのパワートレーンが用意される。
プラグインハイブリッドシステム(2.0L プロトタイプ)
ハイブリッドシステム(2.0リッタープロトタイプ)

トヨタ新型「プリウス」走行シーン

どこよりも新車外し高価買取!


「まずは査定だけ」
「他社との比較」でも大歓迎!

今すぐ電話で査定

あさ10時~よる7時まで

WEBメール査定

24時間365日受付

店舗アクセス

お持込み査定額アップ!